そらねこ会について

そらねこ会とは

譲渡活動

TNR活動の推進

動物愛護の啓発
適正飼育の推進活動

行政との連携による
愛護推進活動

活動報告

そらねこ会とは

 そらねこ会は『今ある命を大切に、不幸な命は増やさない』をコンセプトに不妊・去勢手術の推進、捨てられた動物の保護、行き場のない命の家族を見つける活動をしています。

所在地 長野県東御市
連絡はお問い合わせよりお願い致します。

譲渡活動

 行政機関に持ち込まれ「殺処分対象」となってしまった猫や、人間の身勝手により遺棄されたり、虐待を受けたり等の理由により行き場のない猫を保護し、健康状態を整えた上で広く一般に公開し新しい家族を探す譲渡活動を行っています。

TNR活動の推進

保護猫 TNRとは?

Trap :トラップ 捕獲器でのら猫を捕獲すること
Neuter :ニューター 不妊去勢手術をすること
Return :リターン 元の生活場所に戻してやること

 地域猫活動においてTNRは欠かすことのできない要素となっており、増えすぎて環境問題に発展する、猫の数をコントロールするための抜本的な解決策です。
 地域猫は地域住民の合意の上で、のら猫にえさを与え、排泄処理をし、健康面の管理もしながら猫ができるだけ今の場所で適正に飼養されるようアドバイスする活動を行っています。

動物愛護の啓発・適正飼育の推進活動

 生命尊重に基づき“捨てること・殺すこと”より〝増やさないこと〟を前提とした不妊手術等の普及活動、飼い主や地域住民の抱える多種多様な悩みの相談にのり、猫が適正に飼養されるようアドバイスやコーディネーターとしての活動を行っています。

 展示会、譲渡会等を開催し小さな命が人間によって傷つけられ、また人間の善意で助けられ育まれている様子、小さな命が消えていく現状を正しく伝え、命の大切さを教える情操教育の一助を担う活動を行なっています。

行政との連携による愛護推進活動

譲渡会の様子 長野県動物愛護管理推進計画による地域猫普及と定着事業、犬猫バースコントロール推進事業の委託をうけ、行政認可愛護団体として協働活動を行っています。行政との共催による犬猫譲渡会も開催しています。

活動報告書

平成25年 平成26年
保健所収容猫
譲受譲渡頭数
36件
(すべて譲渡済)
保健所民間相談
依頼協力件数
18件
保護猫譲渡数 161匹
地域猫不妊去勢手術
施術頭数
391匹
譲渡会(2回開催) 20匹